いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。
  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

アンティーク ゴールド ロケット、スターリングシルバーシルバー ロケット


No.19363 ヴィクトリアン ピンチバック ロケット (懐中時計タイプ)
直径 2.85cm、最大厚み 0.6cm、留め具を含む縦の長さ 4.5cm、重さ 11g、ヴィクトリアン後期の英国製、

見たところ懐中時計のような雰囲気ながら、パカッと開けると実はロケットというヴィクトリアン アンティークです。 蓋を開けると厚めなカバーグラスが入っています。 カバーグラスは円周部をフレーム金属が取り巻いていて円筒状になっていますので、ロケット本体から抜き取って写真の入れ替えをします。 

ロケットにもいろいろあれど、古いアンティークに備わっている格調の高さというものを感じさせてくれる良い品と思います。 大きさは直径3センチ弱で重さが11グラムと、大き過ぎず小さ過ぎず、ちょうどよいサイズなのも気に入りました。 

ロケットの素材はピンチバックと呼ばれるアンティークな素材です。 この素材は銅と亜鉛の合金で、ゴールドの色あいをもたらすジュエリー素材として、ヴィクトリアンの英国で好まれてしばしば使われました。 元々は1720年ごろにロンドンの時計メーカーであったクリストファー ピンチバックという人が発明したことから、ピンチバックの名で呼ばれるようになったのでした。

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、ピンチバックを使っていることや、ロケット全体の構造からみて、ヴィクトリアン後期の品と思われます。

クイーン ヴィクトリアが若干18歳の若さで英国王位を継承したのは1837年のことで、この年から1900年までの64年間がヴィクトリア時代にあたります。 ヴィクトリア女王は在位期間が長かったことと、その時代は英国の国力が格段に伸張した時期と重なっていた為に、イギリス史の中でも特にポピュラーな国王となりました。 アンティークの分野にあっても、この時代の物品を指すヴィクトリアーナ(Victoriana)という用語もあって、ヴィクトリア時代を専門とするコレクタターが大勢いるわけなのです。

この品が作られたヴィクトリア時代の背景については、英国アンティーク情報欄にあります「14. Still Victorian」や「31. 『Punch:1873年2月22日号』 ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞」の解説記事もご参考ください。 

ヴィクトリアン ピンチバック ロケット(懐中時計タイプ)(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)ヴィクトリアン ピンチバック ロケット(懐中時計タイプ)(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)


No. 19071 三色ゴールド装飾 ヴィクトリアン フロント&バック 9カラット ゴールド ロケット SOLD
直径 3.8cm、最大厚み 4mm、重さ 17g、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国製、24000円 SOLD

O色ゴールド装飾 ヴィクトリアン フロント&バック 9カラット ゴールド ロケット


No. 19063 フロント&バック 9カラット ロールドゴールド ロケット with クロス
直径 3.0cm、厚み 3mm、重さ 11g、ヴィクトリアン終り頃からエドワーディアンの英国製、

このロケットはベースメタルの上に、9カラット ローズゴールドの薄板を被せた作りで、「フロント&バック 9カラット ロールドゴールド」と呼ばれる素材で出来ています。 全体としてがっちりした構造でヴィクトリアン アンティークのよさが感じられるロケットと思います。 蓋の開け閉めもすっきりで、良好なコンディションのアンティーク ロケットといえましょう。

Rolled Goldとはベースメタルに9金や18金の薄金板を重ねた構造の素材で、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国で流行ったアンティークな素材です。 カラット数は表示はありませんが、イギリスでは一番多く見かける9カラット ゴールドでありましょう。

写真一番目のようにデザインにクロスがあるのもポイントです。 また、裏面は写真二番目のような飾り文字となっており、流麗で優雅な雰囲気のアンティークに仕上げっています。 

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、素材がフロント&バック 9カラット ロールドゴールドであること、ロケットの構造や飾り文字の様子からみて、ヴィクトリアン終り頃からエドワーディアン頃の作で間違いないでしょう。

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外に銅を多く含む場合には、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドとも呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドアクセサリーでもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあるしイギリスっぽいので、私は9カラットのローズゴールドが好きです。

『私はキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。』というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。 けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、私もそう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。

英国アンティーク情報欄にあります「40. 何故かクロスにとても惹かれます。 その理由を英吉利物屋風に考えてみました。」もご覧いただければ幸いです。

フロント&バック 9カラット ロールドゴールド ロケット with クロス


No.19062 ヴィクトリアン ピンチバック ロケット SOLD
楕円の長径 3.15cm、短径 2.5cm、重さ 11g、留め具を含む縦長 4.0cm、最大厚み 9.5mm、ヴィクトリアン後期の英国製、SOLD

ヴィクトリアン ピンチバック ロケット


No.19061 9カラット ローズゴールド プレート ヴィクトリアン ロケット
直径 2.05cm、留め具を含む縦長 2.9cm、重さ 6g、厚み 4mm、ヴィクトリアン終り頃の英国製、

古い品でありますが、蓋の開け閉めはきっちりで、機能性は良好なヴィクトリアン ロケットです。

ハンドエングレービングは品のよさを感じさせ、繊細な彫刻は見事と思います。 内側には『SKM & Co』のメーカーズマーク刻印があります。

ローズゴールド プレートで、英国風なところも気に入りました。

9カラット ローズゴールド プレート ヴィクトリアン ロケット


No. 18828 ヴィクトリアン or エドワーディアン フロント&バック 9カラット ローズゴールド ロケット
正方形の一辺の長さ 2.05cm、縦の長さ(留め具含む) 3.85cm、厚み 4mm、重さ 8g、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国製、

表と裏に9カラットゴールドの薄板を被せた作りで、「フロント&バック 9カラットゴールド」と呼ばれる素材で出来ています。 

蓋はパチンと気持ちよく閉まって、機能面でしっかりした作りは好感が持てます。 両面ともに使い込まれた風合いが出ていますが、これはアンティークの味わいでしょう。

上部に見えるダブルスパイラルの装飾もグッドです。 両サイドにバーが渡してあるのもポイントと思います。 

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、フロント&バック 9カラットゴールドという素材や、ロケットの構造、デザイン、そしてエングレービングの様子からみて、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の品と思います。

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外には銅を多く含む場合には、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドと呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドにおいてもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあってVery Britishな装飾素材と思います。

もちろん大切な人の写真を入れて使ってもよいのですが、細工の繊細さという点でかなり質の高い工芸品ですので、純粋にペンダントヘッドとしても楽しめると思います。

9カラット ローズゴールドの品には、あわせるチェーン選びに難しさがありますが、9カラットゴールド ロケットをお求めいただいたお客様から、「絹紐に通して胸に着けています。」とご報告いただきました。 なるほどの使い方と思いましたので、ご紹介しておきましょう。
ヴィクトリアン or エドワーディアン フロント&バック 9カラット ローズゴールド ロケット




No. 19072 14カラット ロールド ゴールド フラワー デザイン ロケット
直径 2.8cm、留め具を含む縦長 3.8cm、厚み 5mm、重さ 12g、1960年代あたりの英国製、

未使用と思われるコンディションのよさが特徴となっているフラワーレリーフの可愛らしい14カラット ロールド ゴールドのロケットです。 同じくらいのサイズのロケットと比べて、厚めでしっかり作られており、手にした時の心地よい重厚感もポイントと言えましょう。 

蓋の開け閉めは緩る過ぎず、堅た過ぎずのちょうどよい感じで、ピチッとしっかり閉まり、扱いやすいロケットと感じます。 留め具の部分にはメーカーズマークと、素材の14カラット ロールド ゴールドを示す「14ct rg」刻印があります。 

Rolled Goldとはベースメタルに9金や18金の薄金板を重ねた構造の素材で、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国で流行ったアンティークな素材です。 

フラワーレリーフのデザインや仕上げの様子から見て、1960年代あたりの作と思いますが、イギリスにおけるロールド ゴールド アクセサリーの歴史と伝統を踏まえた系譜上に現れた品であり、興味を惹かれます。 また、このロケットの場合は14カラットの表示がありますので、素材も上々ということになります。
14カラット ロールド ゴールド フラワー デザイン ロケット


No.19070 小花 デザイン ロールド ゴールド ロケット
本体の縦長 2.3cm、縦(留め具の円環を含む)3.2cm、横幅 1.85cm、厚み 4mm、重さ 5g、

小振りなわりに、素材に厚みがあって、しっかり出来た印象のアンティーク ロケットです。 Rolled Goldという素材の面白み、小花がたくさんの可愛らしいデザイン、そしてロケット構造のよさに惹かれて求めました。

両面には小花が八つずつ、見栄えのする豪華なデザインです。 マット仕上げの背景部分も繊細な細工と思います。 

Rolled Goldとはベースメタルに9金や18金の薄金板を重ねた構造の素材で、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国で流行ったアンティークな素材です。 カラット数は表示がないのですが、イギリスでは一番多く見かける9カラット ゴールドでありましょう。

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外には銅を多く含む場合には、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドと呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドにおいてもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあってVery Britishな装飾素材と思います。

このロケットの色合いは、イエローゴールドではないのですが、そうは言ってもローズの赤みはさほど強くもありません。 典型的なイエローゴールド色とローズゴールド色の間を3:2に分けた時に、ローズゴールドにより近い辺りの色合いと思います。

写真三番目で見て、ロケットの左縁辺部に爪をかける構造があって、開け閉めも固くなく緩くなく、作りの良好なロケットです。

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、Rolled Goldという素材と共に、ロケットの構造やデザインの様子からみて、エドワーディアン頃から1930年代にかけての品と思われます。

小花 デザイン ロールド ゴールド ロケット


No. 18535 小粒 丸型 スターリングシルバー ロケット
直径 1.35cm、留め具を含む縦長 2.1cm、最大厚み 4mm弱、

小粒なロケットになりますが、両面にわたるエングレービングが丁寧で、綺麗な仕上がりとなっており、気に入りました。 

手にしてみると、ふっくら感のある、小粒なスターリングシルバー ロケットです。 手彫りのエングレービングは丁寧かつ精巧な仕上がりで、可愛らしい銀のアクセサリーと思います。 

蓋の開け閉めはゆる過ぎず、かた過ぎず、ちょうどよい感じで、きっちりしっかり閉まります。 ホールマークはありませんが、素材は銀で間違いないでしょう。 
小粒 丸型 スターリングシルバー ロケット



英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ