いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。

  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ 英国アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ 

【英国アンティーク情報】
英国アンティーク & 銀のこと、昔風なイギリスの暮らしや伝統レシピ、お届けします。 


銀のスプーンが、アイスクリームを美味しくするわけ。  そして、 ISS(=Icecream Silver Spoon)倶楽部 の お知らせです。

アイスクリームを食べるとき、味覚のみならず、銀に伝わる涼を触覚で、露点に達する冷たさを視覚で、五感を多く使えば、それだけ美味しさが増す。銀の熱伝導率の高さが大きく関与しています。

銀のスプーンが、アイスクリームを美味しくするわけ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)銀のスプーンが、アイスクリームを美味しくするわけ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



イングランド&ウェールズ国境にあるアンティークな Weobly 村

ここはウェールズとなれば、当然のことながら行き先表示もウェールズの地名でいっぱいになるのですが、その地名は「Cwmbach Llechrhyd」とか「Pwllgloyw」という具合で、いったい何と読んでよいのやら、英語の綴りと発音に慣れた者からすると要領を得ません。





シェイクスピア英語原典の読み方 (イギリスの学習参考書から眺めた英国における古典教育)

小中学生向け学習参考書の一部をご紹介して、世界の古典ともいうべきシェイクスピアに親しむ方法を考えてみます。

シェイクスピアはイギリスにおける英語(国語)教育の根幹を成していて、子供たちは小学校の低学年から原典を読み始めます。

また、シェイクスピアの影響でしょうか、義務教育の正式な授業科目に『#演劇 』があり、発声やパフォーマンスの仕方を学びます。 物怖じせずに堂々と立ち居振る舞えるようになり、イギリス人の生き方に役立っているように思います。





Good Luck ホースシューの向き、U字型 or 逆U字型? いつの時代にひっくり返ったのか。

U字の開口部が下向きになる逆U字型で、これはヴィクトリアンからエドワーディアンの時代に好まれたホースシューの向きです。その後、第一次世界大戦を経て、現代人好みのU字型が好まれるようになっていきました。

ホースシューの向き、U字型 or 逆U字型? いつの時代に逆転が起こったのか。(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)ホースシューの向き、U字型 or 逆U字型? いつの時代に逆転が起こったのか。(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



中世の面影がそのまま残るアンティークな小道 Queen’s Lane

Queen’s Laneは、昔のままのアンティークな眺めがそのまま残っており、オックスフォードでも超レアな小道と思います。少なくともヴィクトリア期以降の変更は、路面が舗装され、ガス灯が電灯に変わった程度でありましょう。写真のような景色を百年前の人も、二百年前の人も同じように見ながら歩いたことと思います。

中世の面影がそのまま残る小道中世の面影がそのまま残る小道



エルダーフラワー コーディアル(エルダーフラワーのシロップ)の作り方

庭の木にエルダーフラワーが咲いたので、コーディアルを作ってみました。 とても英国風な季節の飲み物です。 上の娘が好きなので、これまでは市販のボトルを時々買っていましたが、今回は自家製を作ってみました。

エルダーフラワー コーディアル(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)エルダーフラワー コーディアル(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



英国で一番アンティークな村、クロベリー

イギリス アンティーク ファンにおすすめしたい、いかにも英国ならではのアンティークな村をご紹介します。
本当のアンティークな暮らしとは、考えてみるきっかけになりました。 (Clovelly Harbour Webcamについて追記しました。)

英国で一番アンティークな村、クロベリー(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)英国で一番アンティークな村、クロベリー(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



『Punch:1873年2月2日号』 ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞

アンティークな新聞の広告欄から、ヴィクトリアン中期の時代の雰囲気を感じてみたいと思います。

31.『Punch:1873年2月2日号』ヴィクトリアンの英国を伝える週刊新聞(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



何故かクロスにとても惹かれます。 その理由を英吉利物屋風に考えてみました。

『私はキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。』というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、私もそう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。





エルキントン社のシルバープレート技術 と 明治新政府の岩倉使節団

サムライたちが訪れたヴィクトリアンのエルキントン銀工房

シルバープレートの品とはどう付き合っていけばよいのでしょうか。 エルキントン社の略史と合わせて解説しています。

10. エルキントン社のシルバープレート技術と明治新政府の岩倉使節団(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)10. エルキントン社のシルバープレート技術と明治新政府の岩倉使節団(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



アンティーク シルバー ホールマーク漏れと英国人気質

刻印のないシルバーウェアを見て思うこと、英国人気質について考えてみました。
Peter, Ann & William Bateman銀工房作品について追記しました。)
もう一つ、英国人気質に通じる事例といいましょうか、220年前のべイトマン銀工房のデザイン感覚を今に伝えるシルバースプーンに出会いましたので、ご紹介します。

アンティーク シルバー ホールマーク漏れと英国人気質(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)アンティーク シルバー ホールマーク漏れと英国人気質(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



夏目漱石のイギリス留学、アーツ・アンド・クラフツ ヴィクトリアン シェイクスピア本、そして漾虚集(ようきょ集)

文豪 夏目漱石はヴィクトリア時代にロンドンで二年間暮らしておりました。 漱石のイギリス暮らしはどんな様子であったのか。 帰国後に出版された 『漾虚集』にあらわれている漱石のイギリス経験について考えてみました。

アーツ・アンド・クラフツ装丁 チズウィック・ プレス ヴィクトリアン シェイクスピア シリーズ 『Romeo and Juliet』夏目漱石のイギリス留学、アーツ・アンド・クラフツ ヴィクトリアン シェイクスピア本、そして漾虚集(ようきょ集)(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



トラディショナル イングリッシュ バターナイフ

英国バターナイフの歴史と、その特徴を、ヴィクトリア時代のバターの作り方とあわせてご紹介します。





Wicked Lady、アンティークな一軒パブの歴史背景 と、地元に伝わる幽霊話

Wicked Ladyとは直訳すると「邪悪な淑女」となりますが、この地方で語り継がれている美人女盗賊のことで、本名はキャサリン・フェラーという貴族の娘でした。
イギリスの田舎にある一軒パブ Wicked Lady(邪悪な淑女)の歴史背景を調べてみました。

Wicked Lady、アンティークなパブの歴史背景(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)Wicked Lady、アンティークなパブの歴史背景(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



Avebury:ストーンサークルに囲まれたアンティークな村

イギリスの人たちが、太古の遺跡と如何に向かい合ってきたかの歴史が分かっておもしろい、ちょっと変わったアンティークな村をご紹介します。

Avebury:ストーンサークルに囲まれたアンティークな村(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)Avebury:ストーンサークルに囲まれたアンティークな村(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



ベイトマン ファミリーのメーカーズマーク

英国アンティークシルバーの世界では、Eliza Godfrey や Hester Bateman 等の女性有名シルバースミスが目立ちます。 へスター ベイトマンは、間違いなくその一番手でしょう。 ベイトマンのファミリービジネスにおいては、いくつかのメーカーズマークが使用されてきましたが、ここではベイトマン家の系譜と合わせて、そのメーカーズマークの変遷を追ってみたいと思います。

ベイトマンファミリーのメーカーズマーク(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)ベイトマンファミリーのメーカーズマーク(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



Tintagel アーサー王伝説のアンティークな村

ティンタジェルはイギリス最西部コーンウォール地方の海辺の村です。コーンウォールと言うと、アフターヌーンティーでスコーンにつけるコーニッシュクリームの美味しさを思うのですが、それだけではありません、英国アンティークの根っこをたどるのに、もってこいの旅ができるのです。今回はアーサー王伝説で有名なティンタジェルの村をご案内します。

Tintagel アーサー王伝説のアンティークな村(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)Tintagel アーサー王伝説のアンティークな村(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



Still Victorian (百年ほど前のイギリスはどんな様子であったのか?)

ヴィクトリア時代と今日を比較した、興味深い記事が経済週刊誌『The Economist』にありました。『百年の年月を経て、一見すっかり様変わりした英国ですが、たぶんこの百年で一番驚くべきことは、実は英国は驚くほど変わっていないことです。何が変わっていないのか、具体的に見てみましょう。』

(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



アンティークな英国パブ

英国アンティーク好きな方には見逃せない(と私は思うのですが、)イギリスのパブについてご案内します。 

アンティークな英国のパブ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



パブの楽しみ

街パブや田舎パブを歴史的な起源によって分類し、パブサインの由来など、英国パブについて詳しくなって、もっと楽しむ方法です。

アンティークなパブの楽しみ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)アンティークなパブの楽しみ(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



イギリスのアンティークな行事 ボンファイヤー、 ガイフォークス デイ

17世紀初めに起源を持つ英国のアンティークなお祭りをご紹介します。

イギリスのアンティークな行事 ボンファイヤー (英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)イギリスのアンティークな行事 ボンファイヤー (英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)



シルバーアンティークのお手入れと ホールマーク解説書について

知り合いのイギリス人に銀のヴィクトリアン ウォッチチェーンを二つ繋いでネックレスにしている方があります。 その方の好みは、シルバーアンティークはお手入れが過ぎない方がよろしいというもので、ウォッチチェーンには銀の黒ずみが出ており、古びた風合いが感じられます。そう言われてみると、そんな銀の扱い方がかっこいい気もしてくるもので、たしかにイギリスにはあまりピカピカに磨かずに、銀の渋い色味を楽しみたいという人たちが多いようにも思います。 お好みの問題となりますが、お手入れするかしないか、難しいところであります。

シルバーアンティークのお手入れと ホールマーク解説書について(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)シルバーアンティークのお手入れと ホールマーク解説書について(英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋)


Battingbergs cake
https://www.instagram.com/p/BVdQ6lvFr6C/?hl=ja&taken-by=igirisumonya

ヴィクトリア女王の孫娘とバッティンバーグ王子の結婚式1884年以来の英国伝統菓子
別名Chapel windowと言われカラフルな見栄えは子供のおやつに喜ばれそう。



英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ