いぎりすもんや は英国発信のアンティーク情報サイトです。
  良い品をイギリスから直接、お求め易い価格でお届けします。

英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

シルバー以外のアクセサリー (ゴールド、ブラス、他) 4



No. 18241 草花文様 ウェーブパターン ヴィクトリアン 9カラット ローズゴールド フロント ペンダントヘッド
縦の長さ 3.8cm、横の長さ 0.9cm、重さ 5g、本体厚み 1mm強、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国製、9,800円
この短冊形のペンダントヘッドはベースメタルの上に、9カラットのローズゴールドの薄板を被せた作りで、「9カラット ローズゴールド フロント」と呼ばれる素材で作られております。

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、9カラット ローズゴールド フロントという素材と共に、闥、りのエングレービングの見事さ、草花文様のウェーブパターン デザインからみて、ヴィクトリアン後期からエドワーディアンにかけての品でありましょう。

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外には銅を多く含む為に、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドとも呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドアクセサリーでもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあるしイギリスっぽいので、рヘ9カラットのローズゴールドが好きです。

彫刻デザインの波模様はオーソドックスなヴィクトリアンおよびエドワーディアン アンティークの特徴です。 波模様のウェーブパターンは、Continuation(続いていくこと)や Eternity(永遠)を象徴するクリスチャンモチーフで、ヴィクトリアンやエドワーディアンの時代に好まれました。

波模様の背景で色合いが濃く見える部分は、1ミリ間隔に何本もの彫刻線を引いて影を付けていった細工で、鐡魔ニしては限界的な繊細さを持っていることがルーペで見ると分かります。 ハ真では十分にその繊細さがお伝え出来ませんが、アンティークハント用のルーペがお手元にあれば、眺めているだけでも楽しめるアンティークに仕上がっています。
草花文様 ウェーブパターン ヴィクトリアン 9カラット ローズゴールド フロント ペンダントヘッド


No. 19350 トリニティー モチーフ 9カラット ローズゴールド クロス*
クロス本体の縦 3.0cm、横 1.85cm、留め具を含む縦長 3.35cm、ヴィクトリアン終り頃からエドワーディアン頃の英国製、14,800円

ソリッドな9カラット ゴールドのクロスです。 素材は1ミリ繧ナそれほど厚くはありませんが、9カラット ローズゴールドの温かみのある色合いがこのアンティークのよさと感じます。 ソリッド(solid)とは、このクロスがホロー(中空)構造ではなくて、中まですべてが9カラット ゴールドv瀁密構造であることを言います。

裏面には9カラットゴールドを示す「9CT」マークと、メーカーズマークが刻印されています。 

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外には銅を多く含む場合には、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドと呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドにおいてもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあってVery Britishな装飾素材と思います。

また、ハ真のゴールドクロスの場合には、クロスの四方に見える三つの尖がりが特徴的です。 これらはトリニティーを表象しています。 トリニティーとは、「the Father, the Son and the Holy Spirit(父なる神、qなるイエス・キリスト、そして聖霊)」の三メが一体であるとする三位一体説のことで、クロスに見える三つの尖がりが三メをあらわしていると言うわけです。 

オックスフォードやケンブリッジなど歴史の古い大学に行きますと、キングスカレッジやクイーンズカレッジなどの名前に加えて、トリニティーカレッジもおなじみです。 トリニティーという概念は、昔から重要な役割を果たして来たことがうかがい知れます。

『рヘキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。』というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。 けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、р烽サう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。

英国アンティーク情報欄にあります「40. 何故かクロスにとても惹かれます。 その理由を英吉利物屋風に考えてみました。」もご覧いただければ幸いです。

トリニティー モチーフ 9カラット ローズゴールド クロストリニティー モチーフ 9カラット ローズゴールド クロス


No. 18179 ピンチバック クロス ペンダントヘッド
縦の長さ(留め具含まず) 2.0cm、全長(留め具含む) 2.4cm、最大横幅 1.15cm、厚み 1mm強、クロスのみ2,800円、アンカー&クロス二つで4,800円

小振りなピンチバック素材のクロス ペンダントヘッドです。 中まsG密なソリッド構造でしっかり出来ています。 

クロスの素材はピンチバックと呼ばれるアンティークな素材です。 この素材は銅と亜鉛の合金で、ゴールドの色あいをもたらすジュエリー素材として、ヴィクトリアンの英国で好まれてしばしば使われました。 元々は1720年ごろにロンドンの時計メーカーであったクリストファー ピンチバックという人が発明したことから、ピンチバックの名で呼ばれるようになったのでした。

ハ真のピンチバック クロスの場合には、クロスの四方に見える三つの尖がりが特徴的です。 これらはトリニティーを表象しています。 トリニティーとは、「the Father, the Son and the Holy Spirit(父なる神、qなるイエス・キリスト、そして聖霊)」の三メが一体であるとする三位一体説のことで、クロスに見える三つの尖がりが三メをあらわしていると言うわけです。 

オックスフォードやケンブリッジなど歴史の古い大学に行きますと、キングスカレッジやクイーンズカレッジなどの名前に加えて、トリニティーカレッジもおなじみです。 トリニティーという概念は、昔から重要な役割を果たして来たことがうかがい知れます。

『рヘキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。』というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。 けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、р烽サう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。

英国アンティーク情報欄にあります「40. 何故かクロスにとても惹かれます。 その理由を英吉利物屋風に考えてみました。」もご覧いただければ幸いです。

ピンチバック クロス ペンダントヘッドピンチバック クロス ペンダントヘッド


No. 18178 ピンチバック アンカー ペンダントヘッド
縦の長さ(留め具含まず) 1.9cm、全長(留め具含む) 2.3cm、最大横幅 1.3cm、厚み 1mm強、アンカーのみ2,800円、アンカー&クロス二つで4,800円

小振りなピンチバック素材のアンカー ペンダントヘッドです。 中まsG密なソリッド構造でしっかり出来ています。 

アンカーの素材はピンチバックと呼ばれるアンティークな素材です。 この素材は銅と亜鉛の合金で、ゴールドの色あいをもたらすジュエリー素材として、ヴィクトリアンの英国で好まれてしばしば使われました。 元々は1720年ごろにロンドンの時計メーカーであったクリストファー ピンチバックという人が発明したことから、ピンチバックの名で呼ばれるようになったのでした。

モチーフとしてのアンカーにはかなり古い歴史があります。 世界jで習ったローマ梠繧フカタコンベには、クロスに見立てたアンカーがありました。 当桙ヘキリスト教が国教となる以前のことで、アンカーをクロスの代用とすることで信仰を守る必要があった時代でした。

そうした背景があって、アンカーは初期のクリスチャンモチーフとなりました。 そしてアンカーのクロス的側面を重汲キる場合には、アンカーのことを「聖クレメント クロス」とか、「マリナーズ(船乗りの)クロス」と呼びます。 さらに時代が下って、ヴィクトリアン後期からエドワーディアンの頃になると、イギリスではシーサイドリゾートが人気となり、マリンモチーフのファッション性が好まれました。 

クリスチャンモチーフとしてのアンカーには、クロスの代用という意味合いの他にも、「Hope(希望)」や「Steadfastness(しっかりしていること)」を表象する意味合いも含まれています。 あるいはまた、船が抜錨して次の目的地に向かうという連想から、「Fresh Start(新たな出発)」をシンボライズするモチーフともなっています。

『рヘキリスト教の信仰者ではありませんが、何故かクロスにとても惹かれます。』というお便りをいただきました。 

英吉利物屋ではアンティークのクロスを扱っておりますので、関心のある方から、そういうお話があるのは珍しいことではないかも知れません。 けれども、クロスに惹かれるという話はこれが初めてというわけでなく、多くの方からお聞きしてきましたし、р烽サう感じることがあるので、なぜだろうかと考えたくなるのです。

英国アンティーク情報欄にあります「40. 何故かクロスにとても惹かれます。 その理由を英吉利物屋風に考えてみました。」もご覧いただければ幸いです。

ピンチバック アンカー ペンダントヘッドトリニティー モチーフ 9カラット ローズゴールド クロス


No. 18134 ヴィクトリアン ハンドエングレービング 9カラット ローズゴールド フロント クロス
クロス本体の縦 2.8cm、横 1.8cm、留め具を含む縦長 3.5cm、本体の厚み 1mm、ヴィクトリアン後期からエドワーディアン頃の英国製、11,800円

ホールマークはありませんが、ハンドエングレービングの様qから、ヴィクトリアン後期からエドワーディアンの手仕魔ナあることを、品物自らがおのずと知らせてくれる。 そういうタイプのアンティーク クロスになります。 彫りの様qがとても繊細であることから、お手元にルーペをご用意いただけば、いっそう楽しみが増すヴィクトリアーナと思います。

彫刻デザインの波模様はオーソドックスなヴィクトリアンおよびエドワーディアン アンティークの特徴です。 波模様のウェーブパターンは、Continuation(続いていくこと)や Eternity(永遠)を象徴するクリスチャンモチーフで、ヴィクトリアンやエドワーディアンの時代に好まれました。

波模様の背景で色合いが濃く見える部分は、1ミリ間隔に何本もの彫刻線を引いて影を付けていった細工で、鐡魔ニしては限界的な繊細さを持っていることがルーペで見ると分かります。 ハ真では十分にその繊細さがお伝え出来ませんが、アンティークハント用のルーペがお手元にあれば、眺めているだけでも楽しめるアンティークに仕上がっています。

クロス中央に見えょ・がけした帯のような、あるいは山のようにも見えるこのデザインは、ヴィクトリアン後期のジャポニスムの影響を受けているように感じます。 Rの八合目あたりには雲がかかったような彫刻が施してあり、さらには山の裾野にも二つの雲が見えています。 

ハ真のクロスはベースメタルの上に、9カラット ローズゴールドの薄板を被せた作りで、「9カラット ローズゴールド フロント」と呼ばれる素材で作られています。

デートレター等のホールマークが無いので年代特定が難しいのですが、9カラット ローズゴールド フロントという素材と共に、闥、りのエングレービングの見事さ、ウェーブパターンを含んだ全体のデザインからみて、ヴィクトリアン後期からエドワーディアンにかけての品で間違いないでしょう。

9カラットゴールドは金含有量が37.5%の合金ですが、金以外には銅を多く含む場合には、その色あいは赤みがかかっていて、イギリスではローズゴールドと呼ばれます。 英国にはバラの花が好きな人たちが多いので、ゴールドにおいてもローズゴールドが好まれるのでは?と思えます。 金純度の高いイエローゴールドよりも、温かみがあってVery Britishな装飾素材と思います。



No. 18554 王冠と大鳥 クレスト(紋章) メタルワーク ペンダントヘッド with シルバープレート
直径 3.7cm、最大厚み 2.5mm、クレスト部分の縦長 1.7cm、重さ 8g、1930年代の英国製、3,800円

中央には王冠をかぶった盾状飾りがあって、両翼を広げた鳥の紋章となっています。 コパーないしはブラス素材にシルバープレートが施されているものと思います。

紋章はコートオブ アームズと言うのが一般には正式です。 クレストという言葉もありますが、クレストとは紋章の天辺にある飾りを言います。 ただし、紋章のすべてを描いて使うのは、大掛かり過ぎるので、その一部をもって紋章とされることも多く、中紋章とか大紋章という言い方もあります。 しかし、その区別は厳密でないので、紋章の一部をもってコートオブアームズという言い方をしても差し支えありません。

ちなみに、このコート オブ アームズの体系化や研究について、中世ヨーロッパにおいては、多くの国々に紋章を管理する国家機関がありました。 今ではなくなっているのが普通ですが、面白いことにイギリスでは紋章院というのがまだ活動を続けています。 イギリスの紋章学(Heraldry)は九百年ほどの歴史を持っており、大学以上の高等教育で学ぶ歴史学の一分野となっています。 

コート オブ アームズ(=紋章)を使っていた人々とは、どういう階層の人たちであったのか、考えてみました。

今日のイギリスは品のよい国のように見られることが多いですが、歴史を紐解きますと、節操のないことで名高い時代も長くありました。 キャプテン・ドレークは世界を航海して略奪をきわめて、当桙フ国家予Zに匹敵するほどの金銀財宝を奪って帰ってきたので、エリザベス一世から叙勲を受けました。 お金がすべてという傾向は、紋章院においてもあったようです。

紋章学や紋章院の働きについて書かれた本が、『HERALDRY IN ENGLAND』(Anthony Wagner著、Penguin Books、1946年刊)です。

この本によりますと、紋章院が認めてきたコートオブアームズは四万あるとのこと。
一方で英国の王侯貴族にあたる家柄は千足らずとなっています。

この数嘯フバランスから分かることは、第一にコートオブアームズは王侯貴族だけのものではないこと。 第二に、そうは言っても、代々伝わるコートオブアームズがある家系は、英国の中でも数パーセントに過ぎず、その意味で日本における家紋とはだいぶ違っていること。

Y業革命が進行して、新興富裕層が厚くなってきたのがヴィクトリア梠繧フ初め頃になります。 当桙フ富裕層はコートオブアームズを求めましたし、また求めれば手に入る性質のものであったようです。
王冠と大鳥 クレスト(紋章) メタルワーク ペンダントヘッド with シルバープレート


No.18351 レンズ&プリズム効果 奥行き&立体感が強い d掛け物アンティーク ブルー フラワー ブローチ
縦の長さ 2.85cm、横の長さ 4.7cm、厚み(ピン含まず) 6mm、重さ 8g、1930年代の英国製、7,800円

真横から見るとカービングの深さは最大で3mm程度なのですが、表から見ると、奥行きがあってかなり立体感のある花に見えるのが、このタイプのブローチの面白い特徴で、ポイントになっています。

1920年代後半から30年代にかけて英国で流行ったタイプのブローチです。 素材の透明な硬ソプラスチックに、裏面から花や葉っぱを彫刻し、さらにペイントが施されることによって、色合いが美しくリアルで立体感あるブルーフラワーに仕上がっています。

花びらの先端が白っぽくて、内側に向かってほんのりとブルーがかる色合いのグラデュレーションは素晴らしいと思いますし、花びらや葉っぱのわずかな透明感には、品のよさを感じます。

ハ真二番目をご覧いただくと分かるように、ブローチは台形をしていて、表側の縦横は2.85cm* 4.7cmですが、裏面の長方形の縦横は一回り小さくて2.0cm*3.8cmになります。 側面を斜めにカットすることで、レンズ&プリズム効果が働いて、奥行き感が強調される作りになっており、d掛け物アンティークと言ってもよさそうです。 不v議な感じが好ましく思えるアンティーク フラワー ブローチです。
奥行き&立体感が強い ブルー フラワー ブローチ


No. 18278 ファージング コイン ヴィクトリアン スウィーバル くるくる フォブ ペンダントヘッド
x柱を含む最大横幅 2.75cm、縦の長さ(留め具含む) 3.65cm、ファージング直径 2.2cm、厚み 5mm、ファージング鋳造年1901年、重さ 12g、9,800円
wで弾くとファージングの本体部分がクルクル回るので、何はなくとも、まわしてみたりと、こういう仕掛けものアクセサリーは楽しめます。

ヴィクトリアンのクルクル フォブで、いい感じに時を経たアンティークと思います。 古い品ながら、クルクルと気揩ソよく回転するのは好印象です。 もともとはゴールドギルトされていたものが、所々の色翌ソとなって、なんとも言えないアンティークな味わいが伝わってきます。

ハ真O番目に見えるように、円盤部分はかなりの厚みになっており、短円筒の上下に二枚のファージングをはめ込んだ作りになっています。

イギリスにおけるファージングは半世紀以上前にその役割を終えて、今では使われていない通貨です。 「Farthing」という言葉の響きにノスタルジーを感じますし、昔の通貨制度を考えてみるよい材料ともなって興味を惹かれます。

「Farthing」は四分の一ペンスに相当し、13世紀に初めて作られ、それから700年以上にわたって英国で使われてきた歴史がありますが、1960年を最後に役割を終えて、今ではもうありません。

ファージングが使われていた時代は、イギリスで通貨制度改革が行われた1971年より前の時代になります。 当桙ヘ1ポンドが240ペンス、ファージングは四分の一ペンスですから、1ポンド=960ファージングでありました。 日本で言ったら、江戸時代の1両=4000文にも匹敵しそうな小さなオーダーであったわけです。 1960年に役割を終えていますから、今日では存在しないのが当たり前ですが、素材となっている銅の価格が今では高騰している為に、ファージングの製造原価という側面から見ても、今ではとてもじゃないけど存在し得ないコインとなっていることも興味深く思います。

もう少し詳しく計Zしてみましょう。 ファージングは2.8グラム、その95.5%が銅というコインでした。 ニューヨーク マーカンタイル謌所における直近の銅価格は453gあたり3.27ドルでした。 英貨で1ポンドにあたる960枚のファージングを作る銅価格は18.53ドル。 ポンドドル相場 1.52$/£でポンドになおすと、12.2ポンドになります。 

1ポンド分のファージングを鋳造するのに、素材の銅価格だけで12.2倍のコストがかかるとしたら、そんなコインはとてもじゃないけど存在し得ないでしょう。 銅価格の変遷という事情が背景にあって、ハ真のファージング コイン ペンダントヘッドには、今となってはアンティークでしか手に入らない希少性が備わっているとも思うのです。
ファージング コイン ヴィクトリアン スウィーバル くるくる フォブ ペンダントヘッド


No. 18279 ジェード(稘翠)ハートのペンダントヘッド
ハートの横幅 1.95cm、最大厚み 4mm強、留め具を含めた縦の長さ 2.75cm、10,800円
ふっくらしたハートシェイプのジェード(稘翠)ペンダントヘッドです。 留め具部分にホールマークはありませんが、9カラット ゴールドで間違いないでしょう。 

ハートは現代でも馴染み深いデザインですが、その歴史をたどりますと、英国におけるハートのモチーフはジョージアンの頃登場し、ヴィクトリア期に大流行した経緯があります。 

またジェードについては、大英帝国梠繧フ英国にとってニュージーランドが主要t疆翠の産地であったことがこの品の背景にあります。 当桙ヘ大英帝国の海外版図が拡大し、ニュージーランドYのジェードが多く本国にもたらされた時期で、1920年頃までこうした状況が続いていたのです。

р翼ナ翠というとハンドオーバー(英国領から中国への香港返還)を挟んで、二年ほど香港に住んでいた頃を思い出します。 香港の友人はお守りの意味も兼ねr疆翠を身につけている人が多かったのです。 友達かゆη翠はその人の健康のコンディションによって色が変わるとか、稘翠は持ち主を守ってくれるとかいう話を聞いているうちに興味が湧き、今でもロナ翠にはよい印象を持っています。



英国 アンティーク シルバー 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ