アンティーク 英吉利物屋 トップ(取り扱い品一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

No. 5326 ヴィクトリアン スターリングシルバー ウォッチ チェーン
長さ(バーからループ状留め具まで) 22.8cm、重さ 13g、バーの長さ 3.15cm、シルバー玉飾りの直径 1.3cm、チェーンの横幅 3.5mm、ヴィクトリアン後期の英国製、二万四千円

三連構造の飾りチェーンやシルバーの玉飾り、そして横棒のバーに先端のループ状留め具と、ヴィクトリアン ウォッチチェーンの特徴をよく備えています。 チェーンの鎖玉一つ一つには、小さい鎖玉にも、長い三連飾りチェーンにも、それぞれにスターリングシルバーを示すライオンパサントが刻印されているのには感心します。 

バーにはメーカーズマーク、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そしてデートレターが刻印されています。 アセイオフィス マークがないので、製作年の特定は難しいのですが、ヴィクトリアンのデートレターと思います。

ウォッチチェーン本来の用途に使う場合には、チョッキのボタン穴にバーを差し込んで、時計本体を横にあるポケットに入れて、チェーン本体が横長に見えるように身に着けたものです。

また、現代的にはブレスレットとして使うとバーと飾り玉が揺らゆらして素敵ですし、仮に時計を付けなくても、昔風にチェーンを横渡しにして服装の装飾にしてみるのもアンティークな雰囲気が楽しいと思います。

先端のループ状留め具の仕組みについてご質問がありましたので、説明させていただきます。 この品はつくりが良いので、隙間がわずかで見えにくいかも知れませんが、ループの下部に斜めに切れ込みが入っているのが分かるかと思います。 この留め金の付け根部分にバネが仕込まれていて、外向きに押す力が働き、開閉が出来る仕掛けになっています。

アンティークハンターの立場から言いますと、このバネ仕掛けが壊れた品がけっこうありますので、往時のままに良好なコンディションの品が見つかると嬉しいものなのです。




アンティーク 英吉利物屋 トップ(取り扱い品一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ