アンティーク 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ

No. 15172 ヴィクトリアン スターリングシルバー サーバー with ピアストワーク
長さ 20.1cm、重さ 57g、ボール部分の最大幅 4.3cm、透かし柄の最大幅 2.7cm、透かし部分の銀の厚み 2mm、柄の最大厚み 4mm、1898年 ロンドン、Robert Pringle & Son作、一本 四万二千円、(2本あります。)

二本まとめてお求めいただける場合には、オリジナルケースに入れてお送りします。

ねじれ柄の最大厚みが4ミリに、透かし部分も2ミリと銀が厚く出来ていて、ボール部分の銀にも厚みがあることで、トータルで57グラムの持ちはかりとなっており、重厚なヴィクトリアン アンティークに仕上がっています。

スプーンにおけるピアストワークはエドワーディアン以降の品が多く、透かし部分の銀の厚みをもう少し薄めにして、作業負担の軽減を図る傾向が次第に出てくるものです。 しかし、このアンティークの場合には透かし物の走りであることが、透かし部分の厚めな構造の理由になっているように思います。

手仕事で糸鋸を引いてこしらえたピアストワークは、ルーペで観察すると断面に残ったギザギザ跡が繊細でレベルが高く、銀の厚みからみてもかなりの時間を要して作り上げられたものと分かります。

柄に施されたエングレービングも三種の彫刻技法が駆使されており、素晴らしい出来栄えです。 ボール部分のゴールドギルトの状態もよく、ほとんど未使用に近いコンディションで現代に至っているものと思います。

写真五番目で見える柄の裏面のブリティッシュ ホールマークは順に「Robert Pringle & Son」のメーカーズマーク、ロンドン レオパードヘッド、スターリングシルバーを示すライオンパサント、そして1898年のデートレターです。 

シルバースミスの「Robert Pringle & Son」は、ジョージアンの時代の1835年の創業です。 イギリスの銀工房はヴィクトリア時代に始まったものが多い中にあって、「Robert Pringle & Son」は老舗の一つと言えるでしょう。 










アンティーク 英吉利物屋 トップ(取り扱い一覧)へ 新着品物 一覧へ アンティーク情報記事 一覧へ 英吉利物屋ご紹介へ